米子市でウェブサイト制作・集客ならブリッジング・ウェブ

ブリッジング・ウェブは鳥取県米子市を拠点にウェブ制作・ホームページ制作、集客のためのサポートを行なっています。写真・動画撮影、YouTubeを活用したプロモーションにも対応しております。

新型MacBookがサイズも微妙なら性能も微妙だった・・・

singataamakubk
4月10日に発売となった、Appleの新型MacBook。

ProでもなくAirでもない新ラインナップです。

これまでのAppleのノートパソコンは、11インチと13インチでしたが、今回の新型はかねてからの噂通り「12インチ」です。

なぜ12インチなのでしょう?

個人的には、11インチのMacBookAirのRetinaディスプレイモデルをそろそ出すのか否かと思っていただけに、不思議な気持ちです。

そんな微妙な存在に思えてならない新しいMacBookですが、ガジェット関連メディアの「SixColors」というところが、既存のMacBookAirとiPadAir2を対象に性能比較的なことをしたところ、マルチコアの計測結果で、新型MacBookとiPadAir2と同程度の計測結果が出た模様です。

iPadAir2は、タブレットとしては実に高性能ですが、新型のノートパソコンである、新型MacBookが同性能と言われると、なんとも微妙・・・。

ただ一つ分かったのは、新型MacBookで、MacBookProでやるよう、ゴリゴリの仕事はやっちゃダメってことなんだと思いました・・・。

というか、ある意味新しいiPadなのかもしれません(汗)

そして、iPhone6で感じた、ジョブズ健在の頃にはありえなかった、「長いものには巻かれろ」的な方向に向っていくのだろうか?

ちょっと心配・・・。

そうえば、今回の新型MacBookは、背面のAppleのロゴが点灯しないらしい。

MacBookと言えば、背面ロゴの点灯は必須といってもよいかもしれない。

このあたりもiPadと同様です。

新型は、Apple史上最薄をのディスプレイを実現しただけに、その犠牲となったと見て間違いないような気がします。

なんだかそれって微妙に寂しい気がする。。。

Return Top