米子市でウェブサイト制作・集客ならブリッジング・ウェブ

ブリッジング・ウェブは鳥取県米子市を拠点にウェブ制作・ホームページ制作、集客のためのサポートを行なっています。写真・動画撮影、YouTubeを活用したプロモーションにも対応しております。

Macでブラウザが突然真っ白になるトラブルの原因はセキュリティソフトだった話

macbrowsermondai_1

ここ最近、MacでAppleのブラウザ『Safari』を使ってウェブサイトを見ていると、突然ページが表示されず真っ白になってしまう現象が続発。

度々、『Safari』のアップデートがあったりしましたので、真っ先にその影響かと思ったりしました。

念のため、Googleの『Chrome』でも、『Safari』で真っ白な表示になったタイミングでウェブページを開いてみると、なんと結果は同じでした。

そうです。『Safari』に問題があったのではなく、ブラウザが違っても同様のトラブルが起きているのです。

こうなってしまうと、ブラウザの強制終了では回復せず、その都度Macを再起動という状況になっていました。

このトラブル、めったにないならまだしも、そこそこの頻度で発生するような状況でした。

自分が作業などしているときであれば、まだ我慢できますが、打ち合わせなどの最中に発生したら、バツが悪いところです。

再起動そのものの時間は短くても、その場の空気がちょっと変わるのは避けられません。

ということでその原因を究明することにしました。

Macのブラウザが真っ白になるのはセキュリティソフトが原因と判明

結論から申し上げますと、タイトルにもあるように、今回のブラウザが突然真っ白になってしまうトラブルの原因は、「セキュリティソフト」でした。

Macのこういったトラブルの場合は、本当に『Safari』が原因となっている事例がこれまでにもありましたが、今回は色々とチェックした結果、私がMacにインストールしているセキュリティソフト『ESET Cyber Security Pro』が原因であると判断。

そこで実際にESET関連とブラウザトラブルを検索してみると、Mac環境で特定のWebページが表示されない、通信が遮断される現象などが発生する事例を発見。

ただ、その対象OSを確認してみると「Mac OS X 10.5〜10.10」とありました。

私が使用しているMacは、「macOS Sierra 10.12.6」になります。(最新のHigh Sierraにはまだしていません)

そこだけみれば対象ではないことになりますが、念のため対処方を実施することにしました。

ESETの公式サイトには、いくつか対処法が記載されていましたが、ひとまず「80番ポートの検査機能の無効化」をおこなってみました。

ESETで80番ポートの検査機能の無効化をする手順

まず、『ESET Cyber Security Pro』のメイン画面を開き、向かって左のメニューから「設定」を選びます。

eset80portmukouka_1

1番上にある「webアクセス保護」の右側にある「設定」を開きます。

eset80portmukouka_2

開いたページの中断にある「HTTPプロトコルで使用するポート:」にある数字の頭にある「80,」を削除します。

eset80portmukouka_3

すると、上記の画像にあります「8080,3128」に表示が変わります。

最後に変更を保存するかの確認がありますので、OKして完了です。

ひとまず、これだけを実施して様子をみることにしました。

そうしたところ、ほぼ毎日に近い状況で発生していたブラウザ真っ白問題が、2週間近く経った今もまったく発生していません。

このままもう少し様子を見た上で、「間違いない」と判断しようと思います。苦笑

Macをご利用で同様の問題が発生しているかたで『ESET Cyber Security Pro』ご利用の際は、一度チェックを。

ESETは動作が軽くて大好きなのですが、MacのOSが新しくなるたびに対応に苦慮している様子が時折伺えますが、めげないでいただけましたら幸いです。

Return Top