米子市でウェブサイト制作・集客ならブリッジング・ウェブ

ブリッジング・ウェブは鳥取県米子市を拠点にウェブ制作・ホームページ制作、集客のためのサポートを行なっています。写真・動画撮影、YouTubeを活用したプロモーションにも対応しております。

県境の牛骨スープのラーメン店、安来市の「一刻」へ行ってきました。

ikoku以前から何となく気になっていた、鳥取県と島根県の県境にあるラーメン店、「一刻」に行ってきました。

場所的には島根県安来市になりますが、以前は、道産子ラーメンがあり、その後に別のお店が入っていたような記憶がありますが、店名は忘れました・・・。(和歌山ラーメン?)
 
 
こちらのお店のスープは牛骨スープということで、豚骨が苦手な私としては試す価値ありということで行ってきました。
 
営業開始が11時からということで、早めに向かい、開店5分前に到着しましたが、目の前に1台車が入って行き、直後にもう1台やってきて、開店前に複数台の車が入ってくるという展開に、期待が高まってしまうところです。
 
 
残念ながら店内写真は撮っていませんが、清潔感があり、荷物入れのカゴも用意されており、バッグを持つ女性にお客さんには嬉しいところかもしれません。
 
 

初めてなので、まずは定番を食すことに

 
今回、初めて訪れたラーメン店「一刻
 
個人的に、初のラーメン店では、必ずしょうゆを選択するようにしています。(塩ラーメン専門とかは別にして)
 
 
こちらでも、定番の半チャーハンがあり、ラーメンとセットでオーダーという、メンズの超スタンダードなパターンを選択しました・・・。
 
 
開店直後で、すでに複数のお客さんが入っていましたが、それほど待つ事無く運ばれてきました。
 
ikokuhantyan
 
ビジュアル的には、食欲をそそってくれるものでした。
 
 
スープは、ちょっと甘みが強めの感じで、牛骨にしては、思ったよりもあっさりという感じではないように思いました。(あくまで牛骨→あっさり系というのは個人的主観です・・・)
 
ikokusyouyu
 
このあたりは、脂とスープの甘さが関係しているのかも。
 
トッピングは、ネギ、チャーシュー、シナチクで、ネギは割愛して、シナチクは薄味でしっかりした厚みがありました。
 
チャーチューはとても柔らかく、醤油タレがよく利いており、甘めの牛骨スープに対してこの味付けはアリです。
 
ikokutyasyu
 
このチャーシューで、白米が食べたくなりました。
 
チャーハンについては、比較的薄味であまり主張してこない感じでした。
 
 
シンプルなしょうゆラーメンと半チャーハンでしたが、思いのほかボリュームがあり、お腹が一杯となりました。
 
 
甘みの強いスープは好みが別れるところかもしれませんので、好き嫌いが出やすいかもしれません。
 
場所的に県境ということもありますので、また行く機会があれば、他のメニューも試してみようかと思います。
 
味噌ラーメンや担々麺、つけ麺もありました。
 
オーダーした際に、メニューを片付けられてしまったので、じっくり見る事ができませんでした(汗)
 
 
牛骨スープのラーメン店「一刻」の情報です。
 
住所:島根県安来市吉佐町1052ー8
営業時間:11時から22時
定休日:無休
座席数:26席(禁煙)
 
ラーメンではありませんが、「唐揚げ」が気になりましたので、またいつかそちらも試してみたいと思います。
 
Return Top